相続&終活とは
KNOWLEDGE
少子高齢化社会にともない、現在巷では「相続」や「終活」という言葉をよく耳にします。さらに平成27年の相続税法改正は、相続を社会問題として取り上げられるきっかけに拍車をかけることになりました。
そのような我が国の相続問題の現状において「相続」という言葉のイメージは、「相続争い」「相続税対策」「納税資金対策」等という言葉を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。また、「終活」という言葉からは「人生の終焉にむけた寂しく人生の儚さ」を感じられる方もいるのではないでしょうか。誰もが相続は避けることができない人生の通る道です。自ら被相続人となるときには、残された家族に対して「相続」という課題を与えることになります。
しかし、このような国民の多くが抱いている「相続」や「終活」のイメージは、誰もが避けては通れない現実を正面から受け止めることにより、実は「今の人生を輝かせ、幸せな人生を送る」ことにも繋がるという事実があります。「相続・終活」への知識と意識を高めることは、人生への覚悟を持つことでもあり、その覚悟は突然家族に降りかかるそれらの課題を軽減することに繋がります。
相続終活専門士の社会的存在意義は、民法(親族・相続法)、相続税法、相続関連の諸手続きなどに関する知識を体系的に身に着け、より多くの人々へ「円滑な相続対策」と「今の人生を輝かせ、幸せな人生を送る」ための手助けをすることとしております。

お問い合わせ・ご相談はお電話
またはメールにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

tel_pic

メールでお問い合わせ